ネイルスクールからプロを目指す|デザインやファッションを学ぶ

メンズ

武器となる資格

女性

プロのヘアメイクアーティストを目指す際に、資格を取得しておくべきかどうか悩んでいるという人がいるかと思います。ヘアメイクアーティストがプロになるために必ずしも資格は必要ではありませんが、持っていると有利になる資格があるのは確かです。また、資格というのは自身のスキルレベルを客観的に判断してもらうための材料にもなります。そういった点から考えると、資格を取っておいても損をすることは無いと言えます。ここでは、ヘアメイクに関する資格の中で持っていると有利になる資格について知っていきましょう。
様々な資格のあるヘアメイクの中でも、美容師免許は取得しておきたい資格です。美容師免許は非常に代表的なもので、取得するためには高校卒業後、厚生労働大臣指定の美容師養成施設に入る必要があります。その施設に入ったら取れるという訳ではなく、美容師養成施設を卒業した時にやっと美容師免許の試験を受けられるようになるのです。その後、受けられるようになった美容師免許試験に合格して晴れて美容師免許を取得することができます。高校卒業後から考えると、早くて2年間、長くて3年以上掛けないと取れないため取得を考える際には覚悟が必要になるでしょう。その他にも、JMAメイクアップ技術検定等も自分によって有利な武器となります。JMAメイクアップ検定はメイクに関するスキルを証明するためのものですが、ヘアメイクアーティストにはメイク技術も必要なスキルなのです。